日本障害児童支援協会 多機能型ステーション 望(のぞみ)
1日のスケジュール

障害といってもそれぞれできること・できないことが違います。子ども達1人1人の状態に合わせて、専門スタッフが無理なく楽しく過ごせるように1日をサポートいたします。

開所

朝の会

出席確認・1日の確認・音楽&身体(ふれあい)

集団プログラム

約45分みんなで可能な限り同じことをして過ごし、集団で取り組むことに慣れるようにしていきます。お友達と過ごすことでコミュニケーションの能力を少しずつつけていきます。
〈理学療法士/看護師/児童指導員〉

昼食

栄養バランスを考えたメニューを提供します。しっかり食べて体も丈夫になるよう手伝いながら見守ります。

本の読み聞かせ・紙芝居

本の読み聞かせは子どもにとっても良い刺激になります。みんなで楽しみながら様々な勉強ができます。

個別機能運動

理学療法士・柔道整復師サポートのもと1人1人に合わせた機能訓練運動を行います。身体の運動スキルをUPさせるためにも繰り返していくことが大切です。

帰りの会

今日のふり返りと明日のことについてお話します。良く話をすることでスタッフと子ども達の関係も深くなり、お互いに感じ取れることが増えていきます。

帰宅

子ども達をスタッフが安全にご自宅までお送りします。

個別行動確認

理学療法士、柔道整復師、看護師、児童指導員といた施設のスタッフが、今日1日の子ども達の様子を伝え合い、改善箇所や次のステップなどの方針を共有します。

閉所

PAGE TOP